「競売」の本当の読み方は?「けいばい」「きょうばい」どっちが正しい?

住宅ローンを滞納し何も対策をしないと、最終的には競売にかけられてしまい、

強制的に自宅を叩き売られてしまいます。

この「競売」の読み方ですが、「けいばい」と読んだり「きょうばい」と読んだりします。

シーンや業種によって読み方が異なるケースはありますが、正しく解説してくれるページは余りません。

この「競売」の読み方においてはどのように読むのが正しいのでしょうか?

正しい読み方は…「どっちでもよい」

結論から申し上げると、どちらも正解です。読み方の違いだけであって意味の違いはありません。
より厳密に言うと、法律用語としては「けいばい」、放送用語としては「きょうばい」です。

不動産、士業などの業界では「けいばい」、テレビでは「きょうばい」と読むと覚えていれば十分です。

当社のような任意売却を専門としている不動産会社や弁護士、司法書士などの専門家の間では「けいばい」と呼ばれ、業界経験の浅い営業マンなどが「きょうばい」と読むと「こいつ素人だな」と思われてしまいます。


一方で、テレビでは「きょうばい」と読まれます。

当社でも任意売却や競売に関するテレビの取材を受けた際、テレビ局の方から「きょうばい」と発音してくださいと指摘されたことがありました。

したがって、私たちのような業界では「けいばい」と呼ぶのがごく一般的ですが、一般の方が良く使われる「きょうばい」も間違いというわけではありません。

ただし、不動産会社で「きょうばい」と言う担当者がいたら、任意売却や競売の素人の可能性が高いので注意しましょう。

無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にライフソレイユまでお問い合わせください。