カードを使い込んでしまい、リースバックで競売を回避したSさん

当初の状況

クレジットカードを使い込んでいたSさんは、気づかぬうちにカードの支払いが3か月遅れていました。
その段階で300万円の支払いが残っており、すぐには支払いができない状態でした。

その結果、自宅が競売のかけられてしまい、慌てて当社にご相談いただきました。

 

 

対応と結果

残債の300万円を支払わなければ、自宅が競売にかけられてしまう状況でしたが、すぐにそのような大金を準備することが難しい状況でした。

そこで、一度当社に自宅を売却していただき、その売却代金で300万円を支払うことで、競売を回避しました。

もちろん、ご自宅は手放さずにそのまま住み続けたいということでしたので、売買時にリースバックの契約を結び、当社が購入したご自宅をそのままS様に賃貸でお貸しするというかたちをとりました。

これにより、S様はクレジットカードの残債を売却代金から支払ったうえで、今まで通りご自宅に住み続けることができました。

また、S様は5年後に退職金が入る予定ですので、その退職金で当社からご自宅を買い戻す契約も同時に行いました。

このように、リースバックという手法をとることで、一時的に自宅を売却して債務を返済し、そのまま賃貸契約で自宅に住み続け、数年後に買い戻すということが可能です。

 

Sさんの感想

自宅が競売にかけられるということで、慌てて相談しました。

リースバックという手法は知りませんでしたので、そのような提案に驚きましたが、本当に助かりました。

クレジットカードを知らぬ間に使い込んでいたことを深く反省し、退職金が支給された際に自宅を買い戻せるよう節制してお金を貯めたいと思います。

 

専門家の解説

今回のケースでは、クレジットカードの負債ということで、それほど金額が大きくなかったことと、数年後に退職金が入る見込みであったことから、一時的に当社が購入してリースバックしたうえで、数年後に買い戻していただくという契約をご提案させていただきました。

このように自宅を売却した代金で負債を返済しつつ、自宅に賃貸契約で住み続けるリースバックという方法もありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にライフソレイユまでお問い合わせください。