任意売却のトラブル事例

住宅ローンの返済が厳しくなってしまい、滞納を続けると最終的に待っているのは自宅の強制競売です。

それを回避する方法として、最近広く知られるようになってきたのが任意売却です。

任意売却は競売と比較して様々なメリットがありますが、一方で経験や知識がない不動産会社や一部の悪徳な業者によるトラブルも絶えません。

ここでは、実際にあったトラブルの事例をご紹介します。

任意売却できず結局競売になってしまった

任意売却は債権者(ローンを貸している銀行や保証会社など)の同意が前提ですので、100%成功するという保証はありません。

中には最初から任意売却を認めない金融機関も存在します。

また、価格の決定権を債権者が持っているため、債権者が提示する販売価格が高すぎて売れずに、結局競売になってしまうこともあります。

競売になってしまうリスクを最小限に抑えるためには、任意売却の経験が豊富な不動産会社に依頼することが大切です。

特に債権者との調整に関しては、一般の不動産会社では扱ったことがないところがほとんどです。

この部分のノウハウが不足しているために競売になってしまうことも少なくありませんので、任意売却を専門として扱っている会社に依頼するようにしましょう。

 

引越し代を出してくれると言ったのにもらえなかった

引越し代もトラブルの多い項目です。

一般的に競売と比較した際の任意売却のメリットとしてよく語られる引越し代ですが、これも債権者の承諾が必要です。

不慣れな不動産会社に依頼すると、引越し代を必ず出すと言いながら後で「やっぱりでませんでした」と言われて揉めることも少なくないようです。

引越し代はもらえそうなのか、事前にしっかりと確認することが必要です。(ただし100%もらえるということはありません)

 

残債が分割払いできると思ったら一括請求された

これが最も多く、そして大きなトラブルです。

基本的に、任意売却をしても返しきれずに残ってしまった残債は、債権者と話し合いのうえ分割払いをしていくのが一般的です。

しかし、これも必ず分割払いが認められるわけではありません。

例えば、「最初に100万円を一括で払ったら残りは分割払いで良い」などの厳しい条件を提示されるケースもあるようです。

特に、任意売却した自宅以外に不動産や預金などの資産を保有している方や、資産を保有している人が連帯保証人になっているケースは、上記のような返済条件を求められる可能性があります。

これは債権者にもよりますし、その方の資産状況、収入、連帯保証人の有無によって変わってきますので、任意売却の専門家に事前に相談しておくことをお勧めします。

 

相場より大幅に低い価格で叩き売られてしまった

任意売却のメリットは、競売と異なり一般の市場で売却するため、相場通りの価格で販売できるという点です。

しかし、一昔前は債権者である金融機関のチェックも甘かったため、悪徳な不動産会社により相場よりも安い価格で叩き売られるということが横行していました。

それでは何のために競売ではなく任意売却にしたのかわからなくなってしまいます。

最近は債権者のチェックが厳しくなったため少なくはなりましたが、それでも未だにそのような話を耳にすることがありますので、ご自身でも自宅の相場を確認してみることをお勧めします。

 

高額な費用を請求された

任意売却は不動産売却の一種であるため、宅建業の免許を持った会社でなければ扱うことができません。

そして、宅建業の免許を持っている不動産会社は宅建業法という法律により報酬額が規定されています。

任意売却で不動産会社が受け取れるのは報酬は、基本的には仲介手数料のみで、これは家を売った売却代金の中から捻出されます。そのため依頼者が別途持ち出して報酬を支払う必要はないのです。

しかし、中には「コンサルティング料」や「実費」などと称して高額な報酬を後から請求されたというトラブルが絶えませんので注意が必要です。

※そのような要求をされたら宅建協会や消費者庁に相談しましょう。

 

連帯保証人の家が差し押さえられた

連帯保証人についても、任意売却に不慣れな業者が見落としやすい問題のひとつです。

任意売却しても残ってしまった残債は、連帯保証人にも返済義務が残ります。

そして、連帯保証人が不動産などの資産を保有していると、債権者にそれを差押えられてしまうことがあります。

連帯保証人の家を差押えられて、すぐに競売にかけられるということは稀ですが、少しでも残債の返済が滞れば話は別です。

任意売却をした結果、「連帯保証人だった親の家まで処分せざるを得なくなってしまった」という最悪のケースも実際に起こっていますので、そのリスクを回避しながら任意売却を進めていく必要があります。

 

信用情報に傷がつくことを知らされていなかった

任意売却の期間中は、基本的に住宅ローンの返済をストップします。

この過程で、債務を滞納することになるわけですので、結果的に信用情報に傷が入ってしまいます。(いわゆるブラックと言われる状態です)

※すでに数か月ローンの返済が滞っている方は、もう信用情報に傷が入ってしまっている可能性が高いです。

そのことを知らされずに、安易に任意売却業者にローンをストップしてくださいと言われて従った結果、知らないうちに信用情報が傷ついているという方もいらっしゃいました。

信用情報に傷がつくと、今後の自動車ローンの借入やクレジットカードの利用が難しくなりますので、その点も理解したうえで任意売却するか判断する必要があります。

 

給料が差し押さえられた

住宅ローンを滞納して給料が差し押さえられるということはほとんどありません。

しかし、滞納をしている期間に銀行からの督促を完全に無視して、電話も一切出ないといった対応をしていると、稀に給料を差押えられることがあります。

なお、給料を差押えられると当然ながら会社にそのことを知られてしまいます。

一部の不慣れな任意売却業者では「ローンを滞納して銀行から督促の電話があっても全部無視しておけば大丈夫です」という指導をしているそうですが、これは絶対に避けましょう。

 

無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には専門家にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にライフソレイユまでお問い合わせください。